スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊かなトレーラー生活♪

こんばんは!kunkoです。

DM.jpg

昨日までの混雑とは打って変わり、今日はとっても静かなチェルシー
Chelsea Market の開催はDMなどで7月3日・4日のみとなっていましたが、
会期延長しましたので、今月一杯素敵なハンドメイドのお品をご覧いただけますよ~。
是非、皆さんのんびり作品をご覧にいらしてくださいね。


さて今日はイギリスでいつもお世話になっているマイクとリンダをご紹介します。
彼にはイギリスでの買付から輸出までいつもお世話になっています。
英国紳士ですから、
重いものも持ってくれるし、
扉もあけてくれる、
ちょっとした段差があれば手を貸してくれる・・・。
日本女性の私はいつも感動です。

彼は3年前まで小さな街の住宅街の中で暮らしていたそうです。
今は職場まで片道40分かかる田舎のトレーラーハウスに住んでいます。

イギリスではどこへ行っても犬が家族のように大切にされています。
多くのアンティークディーラーさんは犬を飼っていますので、アンティークフェアでも多くの愛犬と知り合うことができます。

一度マイクにどうして犬を飼わないのか聞いたことがありました。
彼曰く「トレーラーハウスでは狭すぎて・・・。」と言うんです。
私は何度となしに狭い話は聞いていましたが、それはあくまで比喩なんだと思い込んでいたんです。
今回私と芳弘君を自宅に招待してくれたので、比喩なんかではなく、本当にトレーラーハウスに住んでいることが分かりました。

マイクには失礼にならないよう、疑問をぶつけてみました。
「どうしてトレーラーハウスでの生活を選んでいるの?・・・。」
「田舎が好きだから。ここの生活は快適で毎日がピクニック気分だよ!」
確かに外はステキな景観なんです

近くには牛や羊がたっぷりで。

リンダと二人での生活には十分満たされているそうです。
私には色々感じるものがある、素晴らしい話となりました。

2010.6.13 Micks House (6)

2010.6.13 Micks House (3)

これは私たちがリンカーンから戻ってくる日を待って、リンダが用意してくれた食事です。

チーズ好きな私は思わずニッコリ
何度もお替りをしてしまいました。

夜遅くまで美味しい料理とワイン(私は飲めないので、マンゴージュースでしたが・・・。)
そして、みんなの笑い声。
楽しいひと時を過ごすことができました~

2010.6.13 Micks House (5)

「マイクが自分のお客さんを自宅に招待するのは初めてなのよ!」
とリンダから耳打ちされた時は本当に感激で嬉しかった~。

2010.6.13 Micks House

外観からみたトレーラーハウス。
何棟も立ち並んでいますが、少しづつ間取りやデザインは違うようです。
のんびりした二人だけの生活は何て素敵なんでしょう・・・。
いつかは私もこんな豊かな生活がしてみたいものです。


ランキングに参加しています。

ポチっと押してくださいね!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ

スポンサーサイト
プロフィール

チェルシーオールド

Author:チェルシーオールド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

こちらも見てくださいね^^
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。